ロゴ日本の住宅地盤を守る会社 ビイック社長の思い

2018年02月26日人生は選択と決心の連続ですひとこと

 先週、同級生が亡くなりました。まだ52歳という若さです。これからリタイヤもして趣味や旅行をする楽しみが沢山残っていたと思いますのでとても残念です。彼が自分の人生についてどのように感じたのかはわかりません。しかし、私もその最後の日に「私の人生は本当に素晴らしかった、楽しかった」と言える人生を送りたいと思います。

 モノには全て限りがあります。だから節約もしますし、効率の良いことを考えます。限りが無ければ節約も効率も考える必要はありません。お金に限りが無ければ、欲しいモノを欲しいだけ購入するなどの無駄遣いをしても全く困ることがありません。しかし残念なことに全てのモノには限りがあります。そして時間にも限りがあります。

 私は52歳になって私の残されている人生の時間に関心を持つようになりました。時間は有限です。今私が行っている行動が1年後5年後の将来の自分にとってどれほど有益であるのかを考えるようになりました。もし将来の自分に全く有益で無いのであればそのことを直ちに止めて、有益なことを行っていきたいです。

 人生は選択と決心の連続だと思います。もし自分が絶えず有益となる正しい選択をし、それを行う決心をしていくのであれば、私の最後の日に「良い人生であった、楽しい人生であった」ということを感じるのでないかと期待しています。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上へ戻る