報告書の構成・読み方の基本

報告書の構成・読み方の基本

「表面波探査法の報告書はよく分からない・・・」という方のために、地盤調査報告書を分りやすく解説します。

まずは報告書をお手元に

当社や当社の関連会社から送られて来た報告書をまずはお手元にご用意下さい。お持ちでない方は下記の「表面波探査法報告書サンプル」をクリックし、PDFファイルの報告書をダウンロードしてご利用下さい。

表面波探査法報告書サンプル

報告書の構成

報告書は下記の構成となっております。

 
表紙
巻頭
基礎・地盤提案書
巻頭
解析条件
巻頭
技術審査証明書
巻頭
表面波探査法調査員認定書
巻頭
調査位置図
巻頭
目次
1ページ目
調査概要
2ページ目
調査方法
3ページ目
計算式
4ページ目
調査配置図・敷地状況表
5ページ目
調査地・近隣状況結果
6ページ目
支持力計算結果
7ページ目
支持力地層区分断面図
8ページ目
沈下量計算
9ページ目
沈下量計算条件
10ページ目
区間速度グラフ
11ページ目
支持力換算グラフ
12ページ目~
現場写真

そして基本の3つをおぼえましょう

グラフの読み方の基本からご説明いたします。この3つを覚えてしまえば、あとは簡単です。

基本その1グラフの基礎 2つの速度値

表面波探査法は表面波の伝わる“速さ”を測っています。周波数を細かく変化させて、深さ方向につぶさに情報を集めていきます。
測定時に得られるのは“平均速度”の値です。地表面から計算している深さまでの平均の速度を測っています。
測定時に得られた“平均速度”の値から解析作業を行い“区間速度”を計算します。
解析作業の中で、まずどこからどの深さまで一つの区間(地層をイメージして下さい)であるということを明らかにします。
次に、その区間がどのくらい硬いのか、あるいは軟らかいのかを“区間速度”の値で明らかにします。

グラフ

基本その2区間速度から支持力へ

区間速度は、地層の境界の深さを明らかにし、その各層がどのくらいの硬さ軟らかさであるのかということを示しています。
この区間速度から地盤の支持力(地盤の許容応力度)を計算します。つまり、No.1のポイントでは何m、何m・・・に地層の境界があり、各層の支持力は、何kN/㎡、何kN/㎡です、という地盤の情報が明らかになります。

基本その3単位は3つおぼえて下さい

単位
Vr 速度 軟らかい物はゆっくりと波が伝わります。硬い物は波が早く伝わります。波の伝わる速度は、物の硬い軟らかいの判断基準になります。波の伝わる早さは支持力に換算することが出来ます。こうして、その地盤がどのくらいの重さを支えることが出来るのかを見極めます。
D 深度 探査深度です。
f 周波数 波は振動しながら進んでいきます。周波数は1秒間に何回振動するという値です。波動は、波の速度と周波数と密接な関係にあります。

コツをつかんでしまえば読むのはカンタン

表面波が耳慣れない上に、速度、周波数といった値が出てきますので、少々分かり難い部分があるかもしれません。
しかし単純に言うと、地面を横からみて、地盤の硬さを浅いところから順番に速度値を表にし、この速度は、地盤の支持力に換算することが出来る、ということです。

上へ戻る