ロゴ日本の住宅地盤を守る会社 ビイック社長の思い

2020年08月05日8月の標語 「I love you, but I do not like you」標語

 日本人は、”LOVE” と ”LIKE” の単語の意味に大きな違いが無いように思います。どちらも ”愛している” ”好き” という表現として捉えていると思います。しかし、英語を母国語としている人にはこの2つの単語の意味は違います。

 

 ”LOVE” は、その人を一人の人格として ”愛している” 気持ちを意味しています。これは全世界の人が理解出来る内容であると思います。そして、”LIKE” は、その人の人格というよりもその人がしている行動や考え方、性格のことが ”好き” であるという意味となります。

 

 従いまして、

①その人の人格を ”愛し”、その人のしている行動や考え方、性格が ”好き” であるならば、I love you and I like you. となり、

②その人の人格を ”愛し”、その人のしている行動や考え方、性格が ”好きで無い” ならば、I love you, but I do not like you. となります。

③その人の人格を ”愛していない” けれど、その人のしている行動や考え方、性格が ”好き” であるならば、I do not love you, but I like you. となり、

④その人の人格を ”愛していない” し、その人のしている行動や考え方、性格も ”好きで無い” のであれば、I do not love you and I do not like you. となります。

 

 人の性格として、自分と同じ考え方をしている人はどのような人でも ”好き” と好意的に思い、自分と違う考え方をする人をそれほど ”好きでは無い” と好意的に思わないことがあります。

 

 ここで注意をしていただきたいことは、上記③、④のように、その人の人格を ”愛していない” というのは殆ど無いのでは無いでしょうか。むしろ、その人のしている行動や考え方、性格が ”好きで無い” ということが殆どなのではないでしょうか。

 

 もし、そうであるならば、②の I love you, but I do not like you. となります。その人のしている行動や考え方、性格のみが ”好きで無い” のであって、その人の人格が ”好きでは無い” ということではありません。

 

 人と人との繋がりが私たちの生活する社会です。もし、人を全面的に否定するのでは無く、その人のしている行動や考え方、性格のみが私は好きでは無いと考えていくときに、もっともっと気が楽になり、お互いをより理解していくことが可能になると考えます。これからも「人格」と「行動や考え方、性格」を分けていろいろな人と接していきたいと思います。


“8月の標語 「I love you, but I do not like you」” への2件のフィードバック

  1. 僕も、そう思います。 分けあい、分かり合い、認め会うまで、

    諦めず。人として人を見守り向き合う

    どもならんこともありますけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上へ戻る