ひるあんどん

2020.11.19東京の地盤小話

記事作成者:
富岡直人
中里貝塚

これまで、仕事や研修会などでいろいろな場所の地盤を見てきました。

自然堆積のもの、人為的に造成されたもの、などなど様々な状況があります。

そうしたことの一つについて少し話します。

日本という島国が形成されてから、何回か海進と呼ばれる現象が発生しています。

現代に近いのは縄文海進と呼ばれるもので、最終氷期の後、始まった海水面の上昇によって現在の低地が海の底となり、ピーク時には現在よりも5mほど海水面が高かったとされています。

東京を南北に縦断する京浜東北線の線路を境に上野あたりから赤羽付近まで存在する10m~20mに及ぶ高低差は、この縄文海進時の海食崖の存在を示すものといわれています。

そして、京浜東北線などの線路がある場所は、かつての砂州であり田端駅から上中里駅にいたる線路東側には中里貝塚と呼ばれる貝塚があります。

縄文人の生活痕として多くの貝殻が残されており、海など見ることのできない場所に貝塚が残されていることの意味を考えると興味深さを感じます。

ここには最大約4.5mの厚みを持つ貝殻の層が残されていました。

この貝塚の断面標本は北区飛鳥山博物館に展示されていますので、近くにおいでの際には博物館と線路を挟んで存在する高低差をご覧になってみてはいかがでしょうか。

*本タイトルの画像は、北区教育委員会の資料より引用させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


上へ戻る