ロゴ日本の住宅地盤を守る会社 ビイック社長の思い

2019年05月07日5月の標語「令和」輝かしい未来へ標語

 reiwa
 4月に新元号が発表され、今年はお正月が2回あるように感じています。また新元号の発表以来1ヵ月が経過し、令和文字が入ったラインスタンプや、サウジアラビアの高層ビル壁面に「令和」が表示されるなどお祝いムードがあり、それぞれ「令和」が皆さん一人一人の心に浸透している状況ではないかと思います。私の名前にも「和」がありますので、尚更親近感があります。
 
 元号が変わることは私たちの一生に一度、或いは二度しか無いことです。ゆえに新しい時代が始まったという清々しい気持ちがあります。このような長く素晴らしい歴史ある国に生まれ育ったことを私は日本人として誇らしく思います。
 
 この新しい時代を輝かしくするためには何をするべきであるのかをしっかりと考え実行していきたいと思います。ビイックでは昭和時代に機械販売し、平成時代では地盤調査のシャアを向上させ、そして令和時代では地盤の揺れやすさ調査や建物の揺れやすさ調査の需要を増やすことをし、しっかりと受注を増やしていきたいと思っています。
 
 新商品を販売していくことは手探り状態かと思います。しかし、これまで新商品の販売に関する経験をビイックは多少なりとも持っています。しかし、まだまだ知らないことも多く、多くの失敗をしていくこともあるでしょう。「失敗は成功なり」という言葉もありますが、「愚者は経験にに学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉もあります。他人の失敗を事前に知ることにより、自分たちが失敗することのリスクを少なくすることはとても大切なことだと思います。
 
 営業は新商品販売のノウハウ本を読んだり、解析者は技術的スキルを上げるための技術本を読み、総務は簿記やファイナンシャルプランナーなどの知識を学習するときに、理解度が深まり、より広く、より深い業務をすることが出来、また楽しくなると思います。
 
 社員一人一人がこの「令和」という時代を輝かしい未来へと作り上げていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上へ戻る