沿革

昭和50年 ビイック株式会社設立
昭和57年 佐藤式全自動地下探査機〔GR-810システム〕を開発、販売
昭和58年 地盤の微動を利用した新方式の地下探査機を開発、特許申請
昭和59年 振動公害計測のための地盤応答計測システムを開発、特許申請
昭和63年 海底トンネル・大口径下水道管工事に有効な前方地中探査システムを開発、特許申請
平成元年 第2世代表面波探査法機〔GR-830システム〕を開発、販売
平成9年 財団法人先端建設技術センターによる技術審査証明を地盤調査業で初めて取得(技審証第0904号表面波探査法による地盤調査)
平成12年 電磁波を用いた城郭石垣診断技術を株式会社間組と共同開発
平成13年 第3世代表面波探査法機〔GO-21システム〕を開発、販売
平成15年 動的耐震診断機〔DYNAS・DERIS〕の開発、販売をするとともに動的耐震診断業務を開始
平成15年 表面波探査法国土交通省の新技術情報提供システムNETISに登録〔KT-020066〕・一般公開開始
平成16年 財団法人住宅保証機構に地盤に関する登録専門家として登録
平成18年 財団法人住宅保証機構に地盤会社として登録 登録番号21100009号
平成19年 基礎下減震システムを開発、販売
平成20年 Web上にて、全国の地盤の硬軟がわかる地盤サーチ(GAIA)の提供を開始
平成22年 財団法人ベターリビングによる技術審査証明を取得(BL審査証明-007基礎下減震システム)
平成27年 財団法人ベターリビングによる技術審査証明を取得(BL審査証明-016木造住宅を対象とした振動応答特性計測システム)
平成22年 大阪営業所開設
平成27年 福岡営業所開設
平成31年 東京本社移転