地盤調査とは

皆様は地盤調査についてご存知ですか?
住宅を建てる際には、現在ではほとんどの場合、地盤調査が行われています。なぜ地盤調査を行わなければならないのでしょうか?

地盤調査とは?

地盤調査は、その地盤がどれだけの重みを支える力があるのかを調べるために行います。 地耐力調査ともいいます。 地耐力が足りない地盤は、住宅などの重みを支えられず、地盤が沈んでしまい、住宅が傾いてしまうことがあります。 これを、不同沈下といいます。

日常生活に支障をきたすほどの不同沈下を起こしてしまった物件を修正する工事には数百万円もの費用がかかる場合もあります。 また、物件の価値自体も非常に下がってしまいます。 不同沈下を起こさないために、しっかりとした地盤調査が必要となるのです。

住宅の地盤調査の手法としては、表面波探査法やスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)などがあります。

地盤調査をおろそかにしたり、調査結果を考慮せずに施工するとこんなことに…

以上のように地盤調査の⽬的は、「地耐⼒」を計測することです。

このことは、平成13年国土交通省告示1347号の中に示されています。

地盤の許容応力度(支持力)と沈下特性=地耐力

地盤の許容応力度(支持力)

国土交通省告示1347号に記されていることを分かりやすく表現すると、以下のようになります。

20kN/㎡以下 杭基礎であれば施工してもよい。
20~30kN/㎡ ベタ基礎、杭基礎であれば施工してもよい。
30kN/㎡以上 布基礎、ベタ基礎、杭基礎であれば施工してもよい。

※支持力20kN/㎡は、「この地盤は1m×1mの面積で約2tの重さを支えることができる」ことです。

沈下特性

また、国土交通省告示1347号では、「建物を建てた際の、自重による沈下とその他の地盤の変形などを考慮して、建物に有害な損傷、変形が生じないことを確認すること」も必要とされています。

従って、地盤調査結果は、①「地盤の許容応力度(支持力)」の結果と、②「建物を建てた際、建物の重み等の影響による沈下量の予測」の結果の双方が必要になるといえます。

地耐⼒とは

地盤の地耐⼒とは、「①地盤の固さを表す【⽀持⼒】」と「②住宅を建てたとき、住宅の重みでどの程度沈む可能があるか【沈下特性】」の2つをいいます。

①地盤の固さを表す【⽀持⼒】

住宅の重さは、

⽊造2 階建て20kN/㎡(≒2t/㎡)
⽊造3 階建て30kN/㎡(≒3t/㎡)

となります。
※上記数値は、住宅基礎がベタ基礎の際の⽬安です。実際の荷重は、住宅の仕様によります。詳しくは⼯務店、設計者様にご確認ください。

例えば、⽊造2 階建ての20kN/㎡は、1 ㎡あたり2tの荷重が加わっている事になります。この荷重を地盤が⽀える事ができるかを調べます。この地盤が⽀えられるかどうかを⽀持⼒といいます。

地盤が20kN/m²の荷重を支えられるか

②住宅を建てたとき、住宅の重みでどの程度沈む可能があるか【沈下特性】

住宅を建てると、住宅の荷重で住宅が沈むことがあります。住宅が沈む際に均等に沈めば問題ありませんが、地盤状況によって1 ⽅向に沈んでしまう事があります。
住宅が、どの様に沈んでしまうかを調べることが沈下特性です。

住宅が均等に沈下する地盤

住宅は、地盤の固さが均⼀で地層がまっすぐなとき、均⼀に沈みます。これを等沈下といい住宅や住⼈に影響が出ない状況です。

住宅が不均⼀に沈下する地盤

住宅は、地盤の固さが不均⼀で地層が傾いているとき、不均⼀に沈みます。これを不同沈下といい、住宅に⻲裂が⼊るなどの損傷が発⽣したり、住⼈の健康に影響することがあります。

沈下特性は、住宅がどの程度、また、どの⽅向に沈む可能性があるかを調べることです。

地盤調査の⽬的は、地盤の固さを表す「⽀持⼒」を調べることと、勘違いしている⽅も多いのではないでしょうか。
実は、⽀持⼒だけでなく、住宅を建てたときに、どの程度沈下する可能性を⽰す「沈下特性」も含めて「地耐⼒」と呼びます。

他の地盤調査⽅法では、「沈下特性」を算出しない事がほとんどです。ビイックが採用する地盤調査方法である表⾯波探査法は、「⽀持⼒」の他に「沈下特性」も計算し、より無駄な地盤改良を⾏わない判定を⾏うことができます。