地盤調査サービス

表面波探査法とSS試験

点ではなく面での調査

住宅地盤調査として広く行われているスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)と表面波探査法による地盤調査との大きな違いは、点ではなく面で調査していることにあります。

表面波探査法式地盤調査方法

地面をゆらして、その“ゆれ”の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。 データの変化から、地層の境界を読み取り、各層に支持力がどのくらいあるのかを判断します。

表面波探査法式地盤調査方法

スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)

先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。この回転数により、地盤の硬軟を判断する方法です。25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかが分かります。

スウェーデン式サウンディング試験

コストを大幅にカット

住宅をささえることができれば、改良工事は必要ありません。確かに地盤調査の費用はSS試験よりも表面波探査法のほうが高いです。しかし、表面波探査法はより詳しく段階的に地盤を判別することが出来るので、不必要な地盤改良工事がなくなります。このことでトータルコスト(地盤調査+工事費)を大幅に縮減することにつながります。

工事内容

資料提供(株)アキュラホーム

比較項目 表面波探査法 SS試験 備考
土質などの条件による汎用性 にじゅうまる さんかく 砂礫層などの場合、SS試験の後、改めて表面波探査法を行うことがある。
調査の簡便さ まる まる どちらも機械式となっており現場での作業性はよい。
調査コスト 高い 安い 地盤改良工事会社がSS試験を行っている場合は、低価格あるいは無料で行っている事もある。
トータルコスト にじゅうまる さんかく 詳細はコチラ
保証体制 まる まる SS試験はほとんどの保証機関に適用している。表面波探査法は住宅保証機構株式会社、NPO住宅地盤診断センター、ハウスジーメン等。
上へ戻る