表面波探査法とSS試験の違い

表面波探査法とSS試験の違い

地盤調査の目的は、「地耐力」を調べることです。
では、地耐力とは、具体的には何なのでしょうか。
このことは、平成13年国土交通省告示1347号の中に示されています。

地盤の許容応力度(支持力)と沈下特性=地耐力

地耐力とは、①地盤の許容応力度(支持力)と、②沈下特性を総合したものをいいます。

地盤の許容応力度(支持力)

許容応力度(支持力)は、地盤が、1㎡あたりどれだけの重みを支えることができるか、という形で表現されます。
例えば、「40kN/㎡」とは、地盤1㎡あたり、40kN(キロニュートン)≒約4トンの重みを支えることができる、ということを意味しています。

国土交通省告示1347号に記されていることを分かりやすく表現すると、以下のようになります。

20kN/㎡以下
杭基礎であれば施工してもよい。
20~30kN/㎡
ベタ基礎、杭基礎であれば施工してもよい。
30kN/㎡以上
布基礎、ベタ基礎、杭基礎であれば施工してもよい。

!支持力20kN/㎡は、「この地盤は1m×1mの面積で約2tの重さを支えることができる」ことです。

沈下特性

また、国土交通省告示1347号では、「建物を建てた際の、自重による沈下とその他の地盤の変形などを考慮して、建物に有害な損傷、変形が生じないことを確認すること」も必要とされています。

従って、地盤調査結果は、①「地盤の許容応力度(支持力)」の結果と、②「建物を建てた際、建物の重み等の影響による沈下量の予測」の結果の双方が必要になるといえます。

地盤の許容応力度(支持力)+ 沈下特性=地耐力

住宅を建てる際の地盤調査は、戸建て住宅の場合、表面波探査法、またはSS試験(スウェーデン式サウンディング試験)で行われるのが通常です。 次に、この2つについて説明します。

表面波探査法とスウェーデン式サウンディング試験(SS試験)の3つの大きな違い

地盤調査は「許容応力度(支持力)調査」と、「沈下量予測」の2つを把握することを目的とします。
2つの調査方法には、それぞれ特徴があります。

表面波探査法による地盤調査方法

表面波探査法の画像

表面波探査法は地面をゆらして、その“ゆれ”の伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。 データの変化から、地層の境界を判別し、各層ごとに支持力がどのくらいあるかが分かります。

スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)試験

スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)試験の画像

先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。 この回転数により、地盤の硬軟を判断する方法です。25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかが分かります。

  • 点と面

    表面波探査法は1回の測定する範囲が50cm~100cmほどの範囲になります。
    これに対して、SS試験は最大3.3cmの円柱での情報となります。

  • 地耐力の測定

    表面波探査法は、地耐力(支持力+沈下特性)を明らかにします。
    これに対してSS試験は経験を積んだ熟練した技術者でなければ、地耐力の測定が難しいと言えます。

  • 地盤改良コスト

    従来、SS試験では、自沈(ロッドを回転させないでも貫入する状態)すると、何らかの工事が必要という結果を出す業者さんが多かったですが、表面波探査法では数値により地耐力を細かく判断します。
    それにより、必要以上の地盤改良工事、地盤対策工事を減らします。

    詳しくはコチラ

比較項目 表面波探査法 SS試験 備考
土質などの条件による汎用性 にじゅうまる さんかく 砂礫層などの場合、SS試験の後、改めて表面波探査法を行うことがある。
調査の簡便さ まる まる どちらも機械式となっており現場での作業性はよい。
調査コスト 高い 安い 地盤改良工事会社がSS試験を行っている場合は、低価格であることがある。
トータルコスト にじゅうまる さんかく 改良工事比率に差が出る。詳細はコチラ
保証体制 まる まる SS試験はほとんどの機関に適用している。表面波探査法は住宅保証機構株式会社、NPO住宅地盤診断センター等。

地耐力測定

表面波探査法は、まず層境界を判別し、それから各々の層の支持力や沈下特性の計算を行います。
これに対して、SS試験(スウェーデン式サウンディング試験)は層の境界を測定時の回転数はもとより、音やロッドに伝わる感触といったもので、 層境界を判別します。これはある程度の経験を積んだ技術者であれば可能なことです。しかし、地盤によっては、経験者の方でも判別が困難な地盤もあります。「各層が各々どのくらい変形する」というのが沈下量の考え方なので、層境界をおさえなければ、地耐力の測定は難しいということになります。

上へ戻る