お知らせ

2016年3月25日地盤保証の手続き変更につきまして

地盤保証の手続き変更につきまして

日頃より地盤保証制度をご利用の皆様に手続き方法の変更をお知らせ致します。

  • ①基礎施工写真のご提出が不要となります(地盤保証 安住)
  • ②保証料請求のタイミングが調査料と同時になります(地盤保証 安住)
  • ③保証書への保証期間の引渡し日の記載が無くなります。(地盤保証 PLUS 安住)
  • ④分譲住宅(建売)の場合の引渡し日について(地盤保証 PLUS 安住)
  • ⑤保証書発行申請書が変更となります(地盤保証 PLUS 安住)

①基礎施工写真のご提出が不要となります (地盤保証 安住)

従来、地盤保証安住の手続きでは基礎施工写真のご提出を義務化しておりました。
2016年4月1日の調査物件から基礎施工写真のご提出が不要となります。
皆様のお手続き作業を減らし、且つ円滑な保証書発行が目的となります。

基礎施工写真のご提出は不要ですが、従来通りお写真の撮影は行い保証期間満了まで
保管いただきますようお願いいたします。
万が一沈下事故等が生じた場合には基礎施工写真のご提出が必要となります。

基礎施工写真のご提出は無くなりますが保証書発行申請書内(新バージョン)にて
施工内容をご記載頂く欄を設けておりますので、保証書発行の際には新バージョンの
発行申請書をご使用いただきますようお願い申し上げます。
(「⑤保証書発行申請書が変更となります」をご参照ください)

尚、2016年3月31日までの調査物件におきましては従来通り写真のご提出をお願いいたします。

例外n26_01
地盤調査の判定結果が表層改良工事(基礎下全体)又は杭形状の地盤補強の場合工事報告書のご提出が必要となりますのでご注意ください。

又、従来通り基礎施工写真をご送付いただいた場合内容のチェック及び保管作業は致しますのでご希望の方はご送付の程お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

②保証料請求のタイミングが調査料と同時になります(地盤保証 安住)

従来では基礎施工写真受領後に地盤保証料の請求をいたしておりましたが、
基礎施工写真のご提出が不要になりました。

つきましては地盤保証料と地盤調査料を同時に請求させていただきます。
地盤保証料の同時請求につきましては2016年4月1日の速報提出物件からとなります。

地盤調査料と同時の請求となりますので、地盤保証の加入をキャンセルされる場合はお手数ですがお早めにご連絡ください。

ご不便をお掛け致しますが何卒ご理解の程お願い申し上げます。

※調査料と保証料の同時請求に対し、ご都合が悪い場合お手数をかけますがお知らせください。

 

③保証書への保証期間の引渡し日記載が無くなります。(地盤保証 PLUS 安住)

保証期間の開始日および終了日の表記が、引渡日より満10年間の表記に変更となります。
2016年4月1日から発行させていただく保証書から新記載方法となります。
万が一沈下事故が発生した場合にはお引渡日が確認できる書類のご提出が必要となります。

 

④分譲住宅(建売)の場合の引渡し日について(地盤保証 PLUS 安住)

分譲住宅(建売)の場合でも引渡日から満10年間の保証となります。
但し、地盤調査日より満3年を経過しても引渡しが行われない物件に於いては
地盤調査日より満3年を経過した日を引渡日とさせていただきます。
※新保証書に追記となりましたのでご確認ください。

n26_02

 

⑤保証書発行申請書が変更となります(地盤保証 PLUS・安住)

引渡日の記載と基礎施工写真のご提出が無くなりますので保証書発行申請書の書式が変わります。

基礎施工写真のご提出がありませんので地盤保証PLUSと同様に採用した(施工した)地盤提案を
ご選択いただく形式となります。

※旧保証書発行申請書では保証書の発行が出来ませんので
2016年4月1日からは下記の新保証書発行申請書を必ずご使用いただきますようお願い申し上げます。

手続き資料ダウンロードページから新書式のファイルがダウンロードできます。複数申請用の書式もございますので合わせてご利用ください。

引渡日の記載がなくなりましたので
物件名およびご住所が確定した時点で本発行申請書をご送付ください。

手続き変更によりご不便をかけることもあるかと思いますがよろしくお願いいたします

ご不明点ございましたらビイック株式会社 営業部 地盤保証担当までご連絡ください。
お問い合わせ先:03-3947-5800

上へ戻る