準備をする

来る10月23日(日)に地盤品質判定士の試験を受験する予定です。そのことを考えているときに、どれほど準備をすることが重要であるかと考えさせられました。

「準備をすること」と、「準備をしていないこと」には大きな差が生じます。試験の準備をしていても合格出来るとは限りません。しかし、試験の準備が出来ていなければ合格することは絶対にありません。

現在、首都直下型地震発生時の被害状況が予測されています。その重要性を十分に理解し、家族間の連絡方法や備蓄をすることなど、準備をするのであれば「いざっ!」というときに困ることはありません。また住宅被害に関しても自治体は耐震診断や耐震補強などを補助をしています。事前に住宅を補強しておくことにより災害時の被害額を抑えることが出来るからです。

「蟻とキリギリス」の話は皆さんご存じだと思います。そして夏の間働いていた蟻のことを馬鹿にしていたキリギリスを愚かであると誰もが思うことでしょう。しかし、もしあることのために準備が出来ていなければ私たちはいつでもその物語と同じキリギリスになってしまいます。

あなたは、するべきのことに対して準備が出来ていますか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

アーカイブ