既存住宅に対する地盤保証商品「PLUS-R」の取扱を開始しました!

 当社が加入するNPO住宅地盤診断センターは地盤保証商品の10年保証となる「PLUS」、20年保証となる「PLUS-L」の2商品があります。この度、既存住宅に対する10年地盤保証「PLUS-R」の販売を開始いたしました。

 これまでの地盤保証商品は新築住宅が対象物件でした。しかし少子高齢化や空き家問題などにより今後新築の着工件数が減少することが予測されています。当社の地盤調査のシェアは大きくありませんがそれでも全体の着工件数に依存される傾向になります。

 住宅購入は一生に一度のことかと思いますので、日本人の心情としては矢張り新築を希望される方が大半かと思われます。しかし所得の低下や建築場所の減少、空き家の増加などから政策でもある既存住宅の流通が増加するのだと思います。

 既存住宅購入時の一番の心配ごとは、残りの耐用年数や耐震性ではないでしょうか。せっかく購入したとしても修復ばかりでは既存住宅購入のメリットはありませんし、今後30年以内に震度6弱以上の大地震が発生する確率が年々増加している現状を考えると耐震性は絶対条件であると思います。

 これらの不安材料は、住宅インスペクション(検査)や耐震診断を受けることにより払しょくすることが可能です。これらは上物ですのでチェックすることが出来るからです。

 では建築で一番大切なことは何でしょうか。それは”地盤”であると思います。住宅を建築する際に最初に施工するのが基礎です。そしてその基礎を支えているのが地盤です。堅固な地盤の上に住宅を建築するのであれば何の問題も無いでしょう。しかしそのような地盤で無ければ住宅が不同沈下をしてしまうこともあります。

 せっかく購入した住宅が沈下してしまっては大変です。そこで既存住宅向け地盤保証商品「PLUS-R」をご利用ください。万が一沈下してしまっても当社が加盟するNPO住宅地盤診断センター発行の地盤保証により住宅の沈下修正工事を行います。勿論、お施主様や工務店様の負担はありません。

 マイホームでの楽しい生活を送るためにぜひ既存住宅地盤保証「PLUS-R」をご利用ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

アーカイブ