不適正検査「スカウター」

先日セミナーを受講し、不適正検査「スカウター」という検査があることを知りました。私たち中小企業は採用した人が調和性を持ち、失敗を恐れずに努力し続け、自己に投資をするような人格を望んでいます。30分程度の面接時間だけでは応募してくる方がどのような人であるのか全てを知ることは出来ません。そこでこの不適正検査「スカウター」を利用し、面接だけでは知りえないことを知るための検査はとても興味深いものがあります。

 

今後、採用時にこの不適正検査「スカウター」を受けていただき、私どもの会社に向いている人であるのか否かを判断するために、ぜひとも活用していきたいと考えています。ともあれ、このようなことをするにしてもまず私自身が検査を実行するべきかと思いましたので、昨日この「スカウター」検査の内の資質検査を受検しました。結果を見てみると自分で思っている私の性格と客観的に判断された私の性格とは違っていることを知りました。自分自身を冷静に見てみるにはとても良い検査であると感じました。

 

「スカウター」検査結果の解説

https://scouter.transition.jp/help/commentary-ss01

 

興味がある方は私の「スカウター」資質検査結果をご覧いただけます。

どこかの会社様で私をご採用してくださいますでしょうか?

20170420_資質検査_佐藤和森

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

アーカイブ