ロゴ日本の住宅地盤を守る会社 ビイック社長の思い

2020年02月03日2月の標語 外出から戻ったら、「うがい・手洗い・鼻うがい」を実施する標語

 毎年この時期は、風邪やインフルエンザが蔓延します。加えて、今年はコロナウイルスも発生し、特に健康に留意する必要があります。中国の1000万人都市である武漢市が閉鎖されて、日本では早1週間でマスクが売り切れ状態となりました。ただマスクだけでも十分では無いとのことでしたので、頻繁に「うがい・手洗い・鼻うがい」を実施して対処するようにします。特に外出から戻ったら必ず実行するようにします。

 

 私は一年を通して「うがい・手洗い・鼻うがい」をしています。私を除く家族全員がインフルエンザになったときも何故か私は大丈夫でした。 そのためか 「うがい・手洗い・鼻うがい」 を実施することで、風邪やインフルエンザが多発していても罹患しないという変な自信があります。個人的に鼻うがいは特に効果があるように感じています。始めた頃は水泳中に鼻に水が入ったときのような辛さがありましたが、水よりもぬるま湯を用いると比較的上手に出来るようになりました。今は市販の鼻うがい薬がありますので、それを利用されるのも良い方法であると思います。

 

 「うがい・手洗い・鼻うがい」の他は、矢張り体力だと思います。栄養のあるものをあえて摂取し、十分な睡眠を確保します。また、免疫力を高めるために暖かい飲み物や室温を高くすると効果的であると考えます。また、なるべく多くの人が集まる所を避けるようにします。

 

 罹患した場合、一番大変な思いをするのは自分自身です。そして、その人の家族にも影響します。また勤務先へも影響があるかも知れません。一人一人が強い意識を持って「うがい・手洗い・鼻うがい」を実施することを徹底するしかありません。それと「病は気から」とも言います。私の身近に、余命宣告を受けましたが、すっかり元気になった方がいます。本人は酷い状況になっていくときでさえ希望を捨てず、自分は絶対に癒されると強く信じていました。結果は自分の望んでいた姿になっています。私も絶対に罹患しないという強い信念を絶えず持つようにしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上へ戻る