ロゴ日本の住宅地盤を守る会社 ビイック社長の思い

2020年06月02日6月の標語「いつも前向きに考える」標語

 コロナウイルスの影響が今も全世界に及んでいます。5月末現在で36万人の方が亡くなり、私の知人も1名亡くなりました。これからもコロナウイルスニュ―スは連日報道され続けるでしょう。第2波にも警戒し、感染者数・死亡者数が増えていくにつれて私たちの生活も不安を感じていくことでしょう。

 

 加えて、感染拡大防止の観点から自粛ムードに染まってしまい、多くのお店が休業を余儀なくされました。そのため経済的な落ち込みが発生しています。政府は特別給付金の支給を開始しました。

 

 5月25日をもって、全国の「緊急事態宣言」が解除され、最初の週末を迎えました。新聞記事では比較的人出が戻って来ているという内容でした。それでも人々はソーシャルディスタンスを維持し、マスクの着用や換気を意識しています。

 

 徐々に以前の社会に戻って来ているようにも思いますが、直ぐには戻らないでしょう。それでも私達は生活していくために進んで行かなければならないのです。2008年に「リーマンショック」がありました。マスコミは100年に一度の大不況と言っていました。2011年には「東日本大震災」がありました。直接津波の被害を受けた東北地方や、原発事故の影響や液状化など、広範囲においてその被害を受けました。

 

 自然災害を受けても人々はお互いを励まし、また自分自身を励まし、これまで幾度も困難なときを乗り越えて生きて来ました。コロナ禍は直接の被害としてはこれまでの災害ほどのものでは無いのかも知れません。しかし、精神的な不安や恐れは強く感じている状況です。

 

 5月29日に航空自衛隊の「ブルーインパルス」が東京上空を飛行し、医療従事者に敬意と感謝を示しました。日本人の良いところは、どんなときでもお互いのことを思い、いたわり、大切に思う気持ちを持っていることだと思います。

 

 ある大学の調査で、いつも「笑う」「喜ぶ」「楽しむ」ということをしている人は健康的で幸福を感じているという結果が発表されています。今の状況がいつまで続くのか、私達は不安な気持ちは当然あります。しかし、「不安」を感じていても、「平安」を感じていても1分1秒という同じ時間が経過していきます。そうであるならば、「不安」を感じることに換えて「これから必ず良いことが起こる」と前向きに考えていくときに、のちの結果として「健康」と「幸福」をも私たちは手に入れることが出来ると信じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上へ戻る