「1月の標語」賢い時間管理の実施

 先日、セールスフォースの「トレイルヘッド」で学習していたところ、「賢い時間管理」を説明している項目がありました。内容は、限りある一日の時間をどのように過ごしているのかを調査し、目標への影響度とそれを達成する時間により、優先順位を決定するというものでした。

 何事もそうですが、まず現状把握をすることは大切です。現状のままで問題が無いのであれば継続していくことになりますし、そうでなければどのようにするべきであるのかの対策を講ずる必要があります。

・ 賢い時間管理とは、
 ①現状把握ー    日々の行動を記録します。それぞれの行動にどのくらいの時間を費やしているのかを記録します。

 ②優先順位の決定ー ①の調査結果より、それぞれの行動における目標への影響度と達成時間によりクラス分けを行い、優先順位を決めます。

 ③行動開始ー    ②で決めた優先順位の高い行動から実施します。

 今月の標語は、業務における「賢い時間管理の実施」という内容ですが、人生においても同じことが言えると思います。私は今年で56歳になります。この年齢になると私に残されている時間が気になるようになりました。若い頃は「暇つぶしに何々をしよう」ということがありましたが、現在は今自分がしている行動が本当に重要なことであるのか否かを考え、選択するようになりました。

 必要で無いことに時間を費やして後悔する人生を過ごしたくないと思います。従いまして、もし若い人が「賢い時間管理の実施」をしていくのであれば、その人は自分の人生をとても大切にしていくことが出来ます。

 2021年となり、一年の始まりに抱負を持つ人は多くいると思います。しかし年初に決めたことが年末には全く出来ていないことがこれまであったかも知れません。もしそうであるならば同じことを繰り返さないために、今年は「賢い時間管理の実施」を行うことで、有意義な一年を過ごすことが出来ると信じます。

下記URLは、セールスフォース「賢い時間管理」です。興味なある方はどうぞご参照ください。
https://trailhead.salesforce.com/ja/content/learn/modules/personal-productivity/manage-your-time-wisely

最近の投稿

アーカイブ