ロゴ日本の住宅地盤を守る会社 ビイック社長の思い

カテゴリ標語

2017年07月04日7月の標語「1年後の自分なりたい姿をイメージし、するべきことを決定し、実行する」

 2017年も折り返し地点を迎えました。私たちが年頭に思い描いていた抱負は実現出来ているでしょうか。  何か新しいことをするにはこれまで通りの生活を変える必要があります。その新しいことをするためには、それに費やすための時間を設けなければなりません。何も変化が無いところに新しいことを得ることは出来ないからです。  時間を作るには優先順位をつけることが重要です。これまで自分自身の時間を何に費やしていたかを理解し、そのことが本当に必要なこ…

続きを読む

2017年05月29日6月の標語「私たちの思いとお客様との思いは違う」

 これまでお客様目線に努めていたが、まだまだ私たちの思いはお客様の思いになっていないことが分かりました。これまである自治体が空き家調査のために弊社商品である「動的耐震計測」を実施し、その調査結果よりその空き家を存続させてるのか解体するのかを判定したいという話しを表面波探査による地盤調査機導入会社さんよりお話をいただきました。    当社としてはこれがモデルケースとなって全国で同様の動きになることを期待していましたので、その…

続きを読む

2017年05月10日5月の標語「全員会長、全員社長」

 弊社にはとても良く気が付く社員がいます。自分がするべきことをいつも理解しており、状況の変化に対して指示を受けることが無くても進んでそのなすべき行動をとってくれます。私はいつもこのような社員の方々に助けられています。    弊社会長の佐藤は今年米寿を迎えます。創業42年目のこの会社をずっーと導いてきました。現在も大変元気ではありますが、いつまでも居てくれるわけではありません。そのときが来たら次は私がこのビイックを導い…

続きを読む

2017年04月14日4月の標語「創業100年企業を目指す」

日本で創業100年を超す企業は約3万社あるそうです。皆さまご存じの「甘栗太郎」社も創業100年以上の企業です。栗の販売をしていますが、同じ味付けを踏襲しているわけではなく、その時代の人々の好みに合わせて味付けを変える工夫をしているそうです。   統計データでは、 起業してから10年存続する企業の割合は、6.00%(600社/10000社) 起業したから20年存続する企業の割合は、0.40%( 40社/10000社) …

続きを読む

2017年03月08日3月の標語「今期中に出来ることを先にのばすな」

 「今日出来ることを明日にのばすな」と言いますが、今期中に決めたことは今期中に完了するようにします。    計画を立てるということはとても重要です。決めた目標を達成するには絶対に計画が必要だからです。漠然と行動していては目標を達成することはありません。そしてその計画に最も必要なことは期限です。物ごとには必ず期限があります。賞味期限や申込期限など、「期限=価値」であるからです。    期限をしっかり設定して、そ…

続きを読む
上へ戻る