地盤保証

地盤保証 PLUS-R

大手損保会社の賠償責任保険契約証明書付 既存住宅に対して最大5000万円保証 既存住宅に地盤の安心を保証

既存住宅に更なる付加価値を!

既存住宅の『売買』等の建物に対して、10年間の地盤保証を付けることで建物に付加価値をつけることができます。

建設中も保証!引渡日より満10年経過まで グラフ画像

!既存住宅の目視調査、建物水平レベル計測等の現地調査及び表面波探査法による地盤調査の結果に基づいて、今後、一定以上の地盤沈下が生じないと判定した建物に対して、不同沈下が発生した場合、地盤と建物の修復工事を行います。

既存住宅に安心の付加価値

中古住宅売買時に付加価値として地盤保証を付けることが出来ます。
中古住宅購入を検討している方に対して、安心感を与え購入のきっかけになります。(中古住宅の売買を行っている不動産業者様にメリットがあります。)


NPO法人の保証

保証団体であるNPO住宅地盤診断センターは、現在約100社の地盤調査会社(法人会員)で構成されています。
たとえ会員企業が倒産したとしても、NPO法人は支障なく運営していくことができますので、保証期間中の地盤保証の効力が失われることはありません。

大手損害保険会社の賠償責任保険契約証明書を物件ごとに発行

NPO住宅地盤診断センターは、大手損害保険会社と保険契約を締結し、10年間資力の心配なく地盤保証が行える仕組みを構築しました。
物件ごとに地盤保証書とともに大手損害保険会社との保険契約が存在することを証明する「賠償責任保険契約証明書」を添付いたします。

「PLUS-R」保証概要

保証商品
PLUS-R
保証団体
NPO住宅地盤診断センター
調査方法
目視調査、建物水平レベル計測、表面波探査法による地盤調査
(調査は原則建物外周で行います)
保証対象
木造・軽量鉄骨造3階建以下の建物(工場・倉庫につきましてはお手数ですがご相談下さい)
延床面積1,000㎡以下・軒高10m以下
保証限度額
最大5,000万円まで
保証期間
判定日から満10年又は、お引渡日がある場合お引渡日より満10年
上へ戻る