地盤調査結果の見方

調査結果

皆様は地盤調査についてご存知のことと思いますが、今一度そのリスクや調査方法について一緒に学んでみませんか。よくご存知の単位でもってご説明いたします。

調査結果表の読み方

調査結果は、解析結果から判断した地盤特性、及びこれらを考慮した基礎形状の提案をしています。
簡単に読み方を説明します。

地盤支持力を理解しましょう

調査結果
  • ①測定ポイント図
    工事名、調査地住所など
    ②調査結果グラフ
    地盤の支持力、各測点における深度方向の支持力分布を表しています。
  • ③突棒貫入量
    表面波探査法を行うと同時に、長さが110cm、太さが2cmの鉄の棒を地面に刺します。ガラの存在について確認します。
    ④特記
    調査地の特徴や調査の結果について。また、調査の結果何らかの地盤対策が必要であるか否かや、基礎形状について調査及びデータ解析者の考察が入ります。

各測点において、地盤の硬さがどのくらいの深さからどうなっているということが、突き棒の結果とともにまとめられています。次の頁の周辺状況表に示した調査地の状況や概略的な地形情報などから、住宅をどのように建てるべきなのかを判断します。

矢印 地盤支持力についての詳しい説明はこちら

コツをつかんでしまえば読むのはカンタン

総合判断はいろいろな要素を含めて行います。表面波探査法のデータだけではなく、調査地や周辺地形がどうなっているなどの情報も加味します。

調査概要と調査方法説明

調査地周辺状況表
  • 調査地周辺状況表
    調査地の造成状況や地域性といったものを考慮することにより、より精度の高い判断をすることにつながります。
    調査敷地
    調査地が昔どのような土地であったのか、また現況がどのように造成されているのか、調査する段階でも確認しています。粘性地盤なのか砂質地盤なのか。また建物を取り壊した時のガラなどが含まれているかどうかなどを、目視や機材を用いて確認します。
    また、地盤が自然地盤なのか、それとも人工地盤なのか、人工地盤であればどのように造成されたのか等、地盤の強度に影響する事柄(擁壁の有無及び規模など)について調査し、周辺状況表へ反映します。
  • 周辺状況
    調査地の近隣は地盤状況が似通っていることが多いです。隣地、あるいは周辺地がどのような状況であるのか(田畑、河川、住宅地など)を確認します。
    地表近くを上手に造成していたとしても、その地域の地盤が持つ、性質まで変えるのは難しい場合が多いです。既に構造物(家屋、道路など)があり、それらが何らかの変状を示している場合、それらのことも考慮にいれ解析及び総合判断をします。
    資料調査
    現地では確認できない、地域の概略的な地質、地形については、調査前段階で可能な限り資料調査を行います。
上へ戻る