ひるあんどん

地震

KIMG0065
地盤地震耐震

2019.04.18熊本地震から3年が経ちました

早いもので熊本地震から3年が経ちました。 避難生活を送っている方は、復興が進んでいると言われますが、いまだ2万人近くおいでになるそうです。 熊本地震では数多くの住宅が損傷を受けて、震災後住み続けることが出来なくなりました。 この原因として、地震地域係数の設定方法が要因の1つにあると考えられます。 この地震地域係数は、幾分古い考え方に基づいたものです。熊本は、東京などと比べると90%の耐震性で良い、という考え方になっています。 …

続きを読む
15270475
地盤地震

2019.04.17速報:阿蘇山が噴火しました

平成31年4月16日、阿蘇山が噴火しました。 噴火警戒レベルが1~5まである中のレベル2と公表されていますので、危険性は低い方と考えられているようです。 あまり知られてはいませんが、およそ9万年前に日本列島で過去最大規模の噴火を起こした実績がある阿蘇山なので、今回の噴火が小規模なもので終息することを望むばかりです。 阿蘇山を上空から眺めてみればよく分かりますが、非常に巨大なカルデラが残されており、このカルデラが過去に大規模な噴火の…

続きを読む
16755075
地震

2019.04.01元号について

平成という元号も間もなく終わろうとしています。 平成になってから、あっという間に時が過ぎていった気がします。   明治維新以降、昭和が最も長く64年、最も短い大正は、15年で改元されています。 過去の改元理由として、その時々の権力者の都合や縁起かつぎ、など様々な理由で改元されています。   いくつか例を挙げると、江戸時代初期の明暦(1655~1658)は、歴史上にも名が残っている明暦の大火(明暦3年に江戸…

続きを読む
2
地盤地震

2019.03.08地震の震度予測

図に示したのは杉並区から公表されている震度予測図です。 この予測図は東京湾北部地震(M7.3)発生時を想定しています。 このような震度予測図は、各自治体で作成・公表されています。 あくまでも想定地震による震度予測なので、図に表示された通りに必ず揺れるというわけではありませんが、 ご自宅のあたりではどのくらいの震度になるのか、気になる方は確認してみてください。 ご不明な点やより知りたいことがある場合には、お問い合わせください。…

続きを読む
hyoka_kaiko_prob
地震

2019.02.27速報:2019年版地震の発生確率値が公表されました

政府の地震調査研究推進本部から2月26日付で、平成31年1月1日を基準日とする地震の発生確率値が公表されました。 これは毎年公表されているもので、2019年版が公表されたことがマスコミに取り上げられています。 先に示したのが海溝型地震の評価で以下に示すのが断層型地震の評価です。 詳しくお知りになりたい方は、地震調査研究推進本部ホームページ https://www.jishin.go.jp/ をご参照ください。   …

続きを読む
上へ戻る