基礎下減震システム 施工方法・事例

ビルダー様・設計者様へ 施工方法と施工事例

製品・技術の概要

「基礎下減震システム」は、建物のベタ基礎下部全面に特殊な「すべりシート」を敷設し、震度7クラスの地震動に対し、建物の揺れを震度5程度に低減することができるシステムです。

特長

  1. 免震と比較して安価で施工可能
  2. 大地震時の揺れの低減効果
  3. 施工が簡単であること
  4. 住宅より寿命が長く繰り返しの地震にも耐久性をもつすべりシートを使用していること
  5. 通常の確認申請で建築可能であること(一般住宅として建築可)

本製品・技術の適用範囲

「基礎下減震システム」は新築木造1階建て・2階建ての4号建築物(建築基準法第6条)に該当する建物において施工することが可能です。
特定のビルダーのために開発した工法ではありません。また、フランチャイズ制も採用しておりませんので、全国のあらゆるビルダー様・設計者様からのお問合せをお待ちしております。

施工の概要

①と④は当社または協力会社にて行います

①地盤調査

結果に基づいた地盤対策(当社にて行います)

②根切り工事

砕石地業

③ベース コンクリート施工

ひび割れ防止のためメッシュ筋利用(仕上げは平滑に行っていただきます)

④減震材(すべりシート一式)敷設

端部養生シート、防水シート、下部すべり材、上部すべり材、保護ゴムマットの順に敷設します。

⑤ベタ基礎工事

※以上は概略の作業手順です。詳細はお問い合わせ下さい。

基礎断面図

基礎下減震システム採用時の標準的な例

*の寸法は地盤調査結果により異なります。

基礎下減震システム施工ビデオ(クリックで再生)

施工例

砕石で可動部分を埋め戻した例
砕石で可動部分を埋め戻した例
現場発生土で埋め戻した例
現場発生土で埋め戻した例
配管処理を固定型で行った例
配管処理を固定型で行った例
配管処理を固定型で行った例
配管処理を固定型で行った例
配管処理をフレキシブル型で行った例
配管処理をフレキシブル型で行った例
建物原位置復帰のためにジャッキ孔を設けた例
建物原位置復帰のためにジャッキ孔を設けた例

基礎下減震システムが採用できないケース

下記に該当する場合「基礎下減震システム」が採用できない可能性がございます。 詳細はお問合せ下さい。

  1. 建物(屋根や出窓)が隣地境界から50cm以上離れていない場合
  2. 岬の突端等、風速30m以上の強風が多く吹く場所
  3. 液状化の可能性が高い場所(公的機関の液状化予測マップ等をご参照下さい) etc.
基礎下減震システムについてのよくあるご質問