ひるあんどん

耐震

北海道胆振東部地震
地盤地震耐震

2020.06.30地盤と地震と住宅の不思議な関係

以前に住宅と地盤の関係について触れたことがあります。 地震が発生した時に地盤を伝わって周囲へと広がっていきます。 地震は、どのくらいの深さでどのくらいの幅の断層が、どれくらいの長さにわたって破壊されたのかによって 性質が大きく変わり、地震の規模や継続時間などが決まることで周囲に与える影響が決まります。 ゆえに、あとは揺れが伝わる際に通過することになる地盤によって地震の揺れ方は左右されることになります。 そして、住宅の存在する場…

続きを読む
地域防災web
地盤地震耐震

2020.03.06防災webの紹介

国立研究開発法人 防災科学技術研究所という国の機関があります。 あまりなじみのない機関かもしれませんが、地盤の揺れやすさや地震の発生確率など地震をはじめとする災害に関する研究と防災に関する研究をしています。 筆者などは、ここから公表されている資料を有効に活用させていただいています。 この防災科研のサイトに「地域防災web」というページがあります。各市町村ごとの自然・社会特性や災害の危険性などを閲覧することができます。 その中には…

続きを読む
21
地盤地震耐震

2020.02.04防災科学技術研究所の新しい試み

筆者がいろいろと参考にさせてもらっているホームページの一つに、「国立研究開発法人 防災科学技術研究所」の運営しているJ-SHISというサイトがあります。 J-SHISは地震ハザードステーションという名称で、地震に関する独自研究の成果を公表しており、今後30年間に地震に見舞われる確率を地域ごとに掲載するなど 地震を考えるにあたって参考となるものです。 このサイトで、1月28日から「J-SHIS MAP R」というシステムが公開されま…

続きを読む
16941982
地震耐震

2020.01.16徒然なるままに

この正月、我が家の年寄りを連れて外出してきました。 医師から処方されている薬のおかげで、お手洗いをとても気にするので、混雑していてもお手洗いを探さないで済む鉄道の利用です。 冬は寒くて夏は暑い盆地で、日常とは異なる風景を眺めてきました。 名物料理を食べながら、周囲を眺めてみると幾つかの問題点に気づきました。 狭い道路が多く、その道端には古い建物が並び、その間隔はあまり離れていません。 そして、避難場所になるであろう公園や広場に…

続きを読む
防災の日
地震耐震

2019.08.22防災の日

毎年9月1日に防災の日として、全国で一斉に防災訓練が行われています。 1923年(大正12年)9月1日に発生した大正関東地震(関東大震災)にちなんで毎年9月1日を防災の日としています。防災の日は、「その大きな被害を忘れずに備えていこう、という考え方」の基に制定されたものです。 実際に多くの自治体などでは防災週間を設けて、認知活動や避難訓練や消火訓練などが行われています。 ただ、防災の日を知らない人が増えているという統計もあります。…

続きを読む
上へ戻る