ひるあんどん

地盤

124_2492
地盤

2019.07.05宅地に関する豆知識

この写真は、斜面に盛土して造成工事を行っている写真です。 沢山のコンクリートの壁が設置されています。この壁の内側に土を盛り、住宅を建築するための準備を行っています。地盤に高低差のある造成地において良く用いられる工法です。このコンクリートの壁は、擁壁といい盛土した土を支えるための物です。 このような造成地の新しい盛土は、非常に不安定です。住宅を建築した際、盛土が沈んでしまい不同沈下事故が発生しやすくなります。 そのため、盛土に適した…

続きを読む
3195061
地盤

2019.06.03この季節になると思う事

鬱陶しい梅雨の時期を迎えました。 毎年のように梅雨や台風の影響による集中豪雨で、紙面をにぎわす被害が多くなっていると感じます。 日本国内は、平野部が少なく高低差の存在する場所が多いことから、降雨が集中的に集まった場合、土砂災害が発生しやすい地形であるということは広く知られています。 また、各都市部は地面がコンクリートやアスファルトで覆われています。ゲリラ豪雨や台風などによる豪雨の際に降雨量が許容量を容易に超えてしまいます。下水から…

続きを読む
412
地盤

2019.05.21箱根火山について

5月19日、箱根山の噴火警戒レベルが2に引き上げられて大涌谷園地の立ち入りが禁止され、名物であるロープウェイの運行も停止されることになりました。 箱根山は活火山であり、数年前にも警戒レベルが3へと引き上げられることがありました。その時には噴火につながりませんでしたが、複数の火山と火口が存在する複雑な形状をなしており、異なる場所での噴火が幾度も生じている場所なので、必要に応じて警戒しておくことは大切であると考えます。 およそ、箱根では…

続きを読む
KIMG0065
地盤地震耐震

2019.04.18熊本地震から3年が経ちました

早いもので熊本地震から3年が経ちました。 避難生活を送っている方は、復興が進んでいると言われますが、いまだ2万人近くおいでになるそうです。 熊本地震では数多くの住宅が損傷を受けて、震災後住み続けることが出来なくなりました。 この原因として、地震地域係数の設定方法が要因の1つにあると考えられます。 この地震地域係数は、幾分古い考え方に基づいたものです。熊本は、東京などと比べると90%の耐震性で良い、という考え方になっています。 …

続きを読む
15270475
地盤地震

2019.04.17速報:阿蘇山が噴火しました

平成31年4月16日、阿蘇山が噴火しました。 噴火警戒レベルが1~5まである中のレベル2と公表されていますので、危険性は低い方と考えられているようです。 あまり知られてはいませんが、およそ9万年前に日本列島で過去最大規模の噴火を起こした実績がある阿蘇山なので、今回の噴火が小規模なもので終息することを望むばかりです。 阿蘇山を上空から眺めてみればよく分かりますが、非常に巨大なカルデラが残されており、このカルデラが過去に大規模な噴火の…

続きを読む
上へ戻る