ひるあんどん

地盤

2
地盤地震

2019.03.08地震の震度予測

図に示したのは杉並区から公表されている震度予測図です。 この予測図は東京湾北部地震(M7.3)発生時を想定しています。 このような震度予測図は、各自治体で作成・公表されています。 あくまでも想定地震による震度予測なので、図に表示された通りに必ず揺れるというわけではありませんが、 ご自宅のあたりではどのくらいの震度になるのか、気になる方は確認してみてください。 ご不明な点やより知りたいことがある場合には、お問い合わせください。…

続きを読む
1
地盤

2019.02.272016年熊本地震

早いもので、2016年に発生した熊本地震からあと少しで3年が経過しようとしています。連続2回震度7の地震が発生し、未曽有の被害を受けました。被災された皆様には、改めて心からお見舞い申し上げます。 さて、この地震で被害の大きかった地域において、日本建築学会などが悉皆調査を行っています。この悉皆調査は、地震被害地域すべての建物で行い、被害原因の究明を目的として実施したものです。 悉皆調査の内容は、地震の大きさや人的被害、住宅被害などです…

続きを読む
ダウンロード
地盤

2019.02.08ちょっと怖い地盤の話

 時々、新聞やニュースに道路が陥没した、という報道がなされることがあります。  2016年11月に福岡市の博多駅近くで道路が大きく陥没して、海外でも報道されるほどのニュースになりました。  街中で大きな陥没が発生した原因は、地下鉄工事にありましたが、このような現象はいろいろな場所で生じています。その発生原因は様々ですが、住宅地でも発生することがあります。  過去に住宅地で発生した陥没や沈下の原因としては、 ①過去に廃棄物として地…

続きを読む
兵庫県南部地震液状化
地盤地震

2018.11.20地盤について その3

地盤はいろいろな特徴を持っています。 この特徴というか性質を示す地盤として、沖積層と区分される地盤があります。 難しく言うとウルム氷期の最大海面低下以降に堆積した地層のことを言い、判りやすく言うと河川などによって運ばれて堆積した最も新しい地層のことを言います。 それでも難しいと思いますが、河川沿い(特に下流、海の近く)に発達した平地や低地のことで、農耕民族である日本人が生活する上で利用しやすかったことから、多くの都市がこの新しい地…

続きを読む
P1000073
地盤

2018.10.31地盤について その2

表紙に用いた写真は、神奈川県の城ケ島で撮影したものです。 水平方向にいくつもの成層構造が存在することが判ると思います。 成層構造というと難しいので、横方向に筋が複数入っていて、その筋によっては色が異なっていることがわかります。これは地層が長い年月をかけて堆積してきた証のようなものです。 また、海食と呼ばれる海の力によって平行に形作られてきた地層は、その形状が変化しています。 このことに加えて、1923年に発生した大正関東地震によ…

続きを読む
上へ戻る