ひるあんどん

地盤

17531053
地盤

2020.09.03雨が降ったときのささやかな疑問

大雨が降ったときに、道路が冠水した、というようなニュースが流れることがあると思います。 ふとここで疑問に思うのが、一見たいらに見える場所で冠水していますが、その冠水した範囲には終点があって、冠水していない場所がすぐそばにある、ということです。 夜間に道路が冠水していることに気づかずに車で入り込んで、結果、車が動かなくなってしまった、というニュースがありましたので、取り上げてみます。 雨が降ったとき、あっという間に水溜りの出来る場所…

続きを読む
0194
地盤地震

2020.08.19災害によって生じる地盤の変状

日本全国において地盤は、自然災害の影響を受けやすいものです。 大雨や洪水、地震、がけ崩れ、土石流など、発生してしまえば影響を受けることになるのです。 地表面付近の地盤を構成している材料は、砂や粘土が主体で個々の粒は小さくて軽いので、力が加われば動いてしまいます。 はじめに示した写真は、東北地方太平洋沖地震の際に生じた液状化現象で地盤が沈下したことで、杭で支えられているために沈下しなかった橋梁と沈下した地盤に段差が生じたものです。 …

続きを読む
7140977
地盤

2020.07.30長い梅雨

7月が終わろうとしていますが、関東地方ではまだ梅雨が明けていません。その代わり水不足の心配はなさそうですが、これだけ雨が降るといろいろな心配が出てきます。 雨が降るとその水はどうなるでしょう。 都市部では、広範囲が舗装されているため、集められた雨水の多くが下水道を通じて処理されます。 それ以外の場所では、だれも処理しませんから地中にそのまま浸透していきます。 梅雨時に雨が多く降るのは毎年のことですから、地盤の内部には水を流したり…

続きを読む
040
地盤地震耐震

2020.07.14震度7の地震について

震度7の地震について 1995年兵庫県南部地震や2016年熊本地震で震度7が観測されていますが、兵庫県南部地震の前は1948年の福井地震までさかのぼります。 この福井地震では、大きな被害が生じているのですが、この時までは震度7がなく、福井地震の被害状況などから1949年に震度7が追加されています。 震度7が制定されて、兵庫県南部地震まで震度7を観測する地震はありませんでした。 ところが、兵庫県南部地震の後、2004年新潟県中越地…

続きを読む
北海道胆振東部地震
地盤地震耐震

2020.06.30地盤と地震と住宅の不思議な関係

以前に住宅と地盤の関係について触れたことがあります。 地震が発生した時に地盤を伝わって周囲へと広がっていきます。 地震は、どのくらいの深さでどのくらいの幅の断層が、どれくらいの長さにわたって破壊されたのかによって 性質が大きく変わり、地震の規模や継続時間などが決まることで周囲に与える影響が決まります。 ゆえに、あとは揺れが伝わる際に通過することになる地盤によって地震の揺れ方は左右されることになります。 そして、住宅の存在する場…

続きを読む
上へ戻る