ひるあんどん

11220436
地震学会

2019.11.01住宅の性能について

今年は台風をはじめとする大雨と強風による被害が続いています。 このため、住宅について少し考えてみます。 住宅は設計するときに建築基準法に基づいて設計されています。 住宅の材質や何階建てかということによって、基準が変わりますので、設計方法も変わるのですが、 基本的には地震や風、降雪といった気象条件によって一時的に加わる力に耐えるように考慮されています。 このため、土砂崩れに洪水や津波といった設計の対象にならない災害を除くと、 …

続きを読む
ƒvƒŠƒ“ƒg
地震

2019.10.10災害に備える

毎年、この時期になると聞こえてくるのが災害に備えようという言葉です。 9月1日が防災の日で、多数のイベントが開催されますが、夏が終わると暑さの代わりに台風という 実害を伴うことの多い厄介な自然現象がやってきます。 今年は、早い時期から台風が上陸するという厄介事がありましたが、そのような事情に斟酌することなく また台風が迫ってきます。 「非常に強い台風なので準備をしてください」 そう言われても、実際に何をすればよいのか、につい…

続きを読む
7627543
地震

2019.09.25台風15号の被害

台風15号は特に千葉県で大きな被害を残しました。 被災された方には、心からお見舞い申し上げます。 まるで大きな地震の発生後のように、ブルーシートに覆われた多くの住宅を見ると 災害が作り出す光景は似てくるものだなと感じました。 また、広範囲で発生した停電も大地震の時のように感じられました。 発生していた大量のごみについても同様です。 避難所での光景も、人々の不安そうな様子も似ていると感じました。 一日も早く、被災された方々の…

続きを読む
家-基礎-地盤
地盤

2019.09.09住宅と地盤の関係

住宅を建築する前に、地盤の固さを調べる事は非常に重要です。 地盤が固ければ問題はありませんが、軟らかい地盤だと沈下してしまうかもしれません。 日本の大都市部のほとんどは、河川の流れで運ばれた土砂が堆積した地盤です。特に、河口付近では細かい土砂が堆積しているため、比較的軟らかい地盤が多くなります。   住宅を建築するとき、建築予定地の地盤を調べようとお考えになることがあると思います。 単純に軟らかい地盤と言っても、考え…

続きを読む
防災の日
地震耐震

2019.08.22防災の日

毎年9月1日に防災の日として、全国で一斉に防災訓練が行われています。 1923年(大正12年)9月1日に発生した大正関東地震(関東大震災)にちなんで毎年9月1日を防災の日としています。防災の日は、「その大きな被害を忘れずに備えていこう、という考え方」の基に制定されたものです。 実際に多くの自治体などでは防災週間を設けて、認知活動や避難訓練や消火訓練などが行われています。 ただ、防災の日を知らない人が増えているという統計もあります。…

続きを読む
上へ戻る